外交でも失敗した安倍政権に「日本を取り戻す」と言いたい。

日本が外交でも失敗していたことが一昨日発覚した。

トランプ大統領就任後一番のりで挨拶し、仲の良さをアピールしてきた安倍首相であったけれど、すっかり北朝鮮問題では蚊帳の外であった。

韓国のお膳建てで米朝直接の首脳会談もあるやもしれない運びになったにもかかわらず、日本はまだ北朝鮮に対して「最大限の圧力」を言い募っていた。

私は米朝直接会談、大いに結構、平和への第一歩になるのだからいいじゃないと思っていた。けれども、河野外相も「ここは北朝鮮に圧力を与え続けることを確認」ばかり言っていて、引き際さえ間違えた。なんかずれてるなあと思っていた矢先、今度はアメリカからの輸入規制。

トランプ大統領が米国に輸出される鉄鋼、アルミニウムに高い関税を掛けると言い出したのに除外対象となる友好国の中に日本の名前はなかった。その後除外してくれと交渉を試みてもバッサリ、日本は課税対象であると言われたという。

なんということ…日本の危機である。なぜこんなことに?

国内では官僚が決裁文書という重要書類を政治的な整合性だけで改竄するという危機がおこり、外交でも失敗して国難を招いているのはやっぱり安倍政権ではないかと思う。

安倍政権が退陣しない限り、国民の日本への誇りが失われていくような気がする。日本という国を誇れない。

外交で失敗し、日本から輸出する鉄鋼やアルミに高い関税がかけられるというニュースを知ったら、相手国アメリカに怒るのが普通。

でも、あまりにも内外の政治をメチャクチャにしてくれて、国民に対しては体のいい嘘ばかりついている安倍政権なので、早く退陣して欲しいと思うあまり、安倍政権が失敗すれば、小気味いいと思ってしまう。外交の失敗だって小気味よく思ってしまう。

安倍政権の失敗=日本という国の失敗にもかかわらずである。

「日本を取り戻す」そのまま安倍さんにお返ししたい言葉だ。

いま安倍政権を支持していない人が多数を占めているのに中央には安倍政権が居座ったまま。そこから国内のズレが生じている。国の失敗を小気味いいとすら感じてしまう国民が増えている。
なぜなら支持していない政権が居座ったままだから。

安倍政権は即刻退陣を。

日本人が一つになって日本の誇りを取り戻すためにも現在の官邸主導の国運営をおしまいにしなければ。官邸主導の官僚のもの言えぬ雰囲気が日本をダメにしているのでは?

内閣人事局を廃止して、官僚は政治主導から脱却、官邸の意見に左右されないで日本の未来に一番良いと思える政策を政治家と一緒に練って欲しいと思う。

官僚たちは政治家だけをみるのではなく、国を良くするため、国民のために働いてほしい。

先日、太田理財局長が自民党の和田政宗議員に誹謗中傷された時にも「私たちはその時の政権にお仕えする」ようなことを言っていたが、日本をよくするという意識で国民のためにその頭脳を使って欲しいと思う。


 
この記事を読むと、安倍政権も終わりだなと思う。終わって欲しい。↓

http://lite-ra.com/2018/03/post-3900.html リテラ2018.03.24

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ