防犯ブザーの爆発事故とマグネットボール誤飲で開腹手術という事故

最近あまりにも政治が酷いので、ブログも政治の話ばかりになっていた。子どもの巻き込まれそうな事故についてだが、一昨日、大きなニュースがあったので記載しておく。

ひとつは小学校で配られた防犯ブザーの中に入っていた乾電池の事故。
ともうひとつはマグネットボールというおもちゃの事故の話。

小学校で配布された防犯ブザーの中に入っている乾電池の爆発事故

2016年2月から2017年4月までに出荷された防犯ブザー11万個の中に入っている乾電池で、全国の自治体の教育委員会を通じて小学1年生などに配布された。12-2020の表示がある乾電池が爆発の可能性があるという。
防犯ブザーの中に2本の乾電池を使用しているとのこと。メーカー側では中国から乾電池がセットされた状態で入手販売していた。調査によると、電池の摩耗により乾電池の中に溜まったガスで内圧が高まり、破裂を防ぐための安全弁が作動せずに爆発したという。

【事例 1】
新入学の時期に配付した防犯ブザーに内蔵の単 4 電池が破裂した。けがはなかったが、配付か
ら 1 年程度の時期に同一ロットで 2 件の事故が起きた。
(2017 年 8 月テスト受付、東京都)

【事例 2】
小学校の教室のロッカーに置いていたランドセル内で破裂音が聞こえた。原因は、新入生に配
付した防犯ブザー内の単 4 アルカリ乾電池の 1 本が破裂したためであった。
(2017 年 11 月テスト受付、東京都)

【事例 3】
児童の自宅玄関の壁に引っ掛けてあった防犯ブザーが突然破裂した。家族が驚いて玄関口に行
くと本体の破片が飛び散り焦げ臭いにおいがしていた。
(2018 年 4 月テスト受付、愛知県)

kandenchi
独立行政法人国民生活センター 平成30年4月19日PDFより

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20180419_2.pdf

これは私の意見ですが、どのタイミングで爆発するかわからないため、同じ型の商品をお持ちの方は、むやみに乾電池の番号などを見ようと防犯ブザーの中を開けたりせず、処分した方がいいと思います!

マグネットのおもちゃを誤飲で開腹手術

2010年12月から2018年3月末までに医療機関ネットワークには子供が磁石を誤飲したと思われる事故が124件あり、その中の2件はマグネットボールを複数個誤飲したもので、磁石同士が引き合って消化管内に腸壁をはさんでとどまり、腸壁に穴をあけていたものを開腹手術をして取り出したというもの。

【事例1】

クリスマスプレゼントとして与えたマグネットボールを5個誤飲し、胃壁と腸壁を穿通 。

クリスマスプレゼントとしてインターネットで2種類の磁石商品を購入。マグネットボール(直 径3mm)を5個誤飲したところを保護者が気づいて受診。レントゲンで消化管内に5個連なっている ことを確認し経過観察とした。

翌日も磁石は移動しておらず、紹介先の病院で内視鏡検査を実施 したが、胃内になく経過観察とした。その翌日もやはり移動がなく手術を実施した。磁石は2個が 胃壁から、3個が空腸から壁を穿通していた。摘出し空腸穿孔部を縫合した。

(事故発生年月 2017年12月 男児 3歳)

【事例2】

37個を誤飲して小腸を3カ所穿通

友人の幼児が遊んでいたのを見て患児が欲しがったため4カ月前に買い与えた。その後、患児が 磁石を口の中に含んでいることがあったため、保護者は手の届かないところに保管していた。

嘔吐 を繰り返したのでかかりつけ医を受診すると胃腸炎の疑いで薬を処方された。しかし、その翌日 も嘔吐が続いたため、紹介状を書いてもらい他院を受診し、レントゲン検査で腸内に異物が見つ かった。その後当院で開腹手術を行ったところ、小腸内の3カ所にあった磁石が磁力で引き合い、 小腸を結着し、圧迫壊死 を起こして穿通しており、直径3mmの磁石計37個を摘出した。

(受診年月 2018年1月 女児 1歳9カ月)

【事例3】

自宅にて誤飲。 自宅にて缶についている磁石を誤って飲み込んだ。

他院を受診し、レントゲンで胃内に 2 個の磁石を認め当院紹介となった。マグネットチューブでの除去を試みるが除去できず、全身麻酔で の内視鏡除去術のため入院した。

(受診年月 2015 年 5 月 男児 2 歳)

【事例4】

保育園で遊んでいて誤飲。児はマグネットで遊んでいて飲み込んだとのまわりの園児から報告あり。保育士に伝えにきた。

本人に聞くと飲んだと言う。むせ・嘔吐なし。瞬間を大人は見ていない。

(受診年月 2015 年 8 月 男児 3 歳)

【事例5】

自宅で遊んでいて誤飲 自宅でマグネットで遊んでいたところ飲み込んでしまった。

(受診年月 2016 年 9 月 男児 3 歳)

magnetmagnet2

独立行政法人国民生活センター 平成30年4月19日PDFより

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20180419_1.pdf

大人の注意ひとつで子供が事故にあわないと思うので、幼児がいる家庭ではマグネットに限らずこのような丸いちいさなものを置かないように気をつけた方がいいと思います。

うちの長男も1歳の時、洋服の丸いボタンを鼻に入れており、大泣きした時に(鼻から!)出てきてびっくりしたという記憶があります。

飲み込まなくても鼻に入れたり、何をするかわからないので小さな丸いものは要注意です!

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ