「王様は裸です」と言えなくなった官僚体制で日本はいま蚊帳の外

北朝鮮の金正恩労働党委員長が安倍首相と直接対談してもいいと言いだしているというニュース。
「圧力」一辺倒の発言を繰り返し言い続けてきた安倍首相はいったいどうするのか。

日朝会談ということになれば、安倍首相の支持率はアップするだろうという話だ。結局国内の政権の腐敗から国民の目をそらすのは、北朝鮮のミサイルだったり北朝鮮からの平和的な歩み寄りだったりということであれば、安倍首相は北朝鮮に足を向けて寝られないと思うけど。北朝鮮の金委員長の方が大人だなあと思うわ。蚊帳の外であった日本に手を差し伸べてくれているのだから。

北朝鮮と中国習主席との会談が行われた後、急に動きがあり、韓国と北朝鮮との板門店宣言、そして、今度は米朝首脳会談が行われる。韓国の文在寅大統領の存在感がすごい。ノーベル平和賞かもと思う。それに引き換え、唯一の被爆国であることを世界から完全に忘れ去られるくらい日本は安倍首相のせいで世界平和への流れに乗り遅れてしまっている。

これも安倍首相に「王様は裸ですよ」と言える人がいなくなってしまったからのか。安倍首相に外交を指南したりブレーンとして意見する官僚はいないのか。
日本は、頭のいい官僚が政治家に何も言えなくなったら、国は世界から蚊帳の外になり、国内は各省庁から問題噴出、隠ぺい、改竄あたりまえで内憂外患というとんでもない状態になったということじゃないんだろうか。安倍政治の弊害は外交にも表れていると思う。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ