放射能汚染の除染土を園芸用農地造成に全国的に再利用する予定?

福島県原発事故の除染で出た除染土をなんと、今度は農地の造成に再利用?という話がニュースになっていた。

あり得ない。除染土1キログラムに含まれる放射性セシウム濃度は5000ベクレル~8000ベクレル以下にする方針というが…。
黒い袋での管理がもう一杯一杯になってしまったからなのだろうが、なぜ、危ないからといって除いた土を、また戻す?放射能は30年経って半減するものもあれば、1万年たっても半減しないものもある。一度漏れたらおしまい。0にはならない。

子孫にこんなことをしていいのか。口に入れるものには使わないとしても全国的に農地の造成に使うということは、全国的に土が汚染し、地下水が汚れ、いずれは日本全国が放射能にまみれた土地になる恐れがあるということではないのか。

放射能を吸い上げて、土から除去する働きがあるとされる「ひまわり」のみを植えるというなら意味があるかもしれないけれど…。

政府のあまりにも酷い判断を疑う話である。

https://this.kiji.is/375224835955557473 共同通信

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ