森友学園問題、誰も責任をとらず幕引きを図る政府に怒り

森友学園問題。 

総理夫人の関与により、安倍晋三記念小學院(のちに瑞穂の国記念小学院とした)予定建設地として国有地の売却が神風が吹いたごとく値下げされ、8億円がただになった。「私や妻が関与していたら首相も国会議員もやめる」と言った安倍総理をかばうため、国会では森友関係の文書は破棄して記録がないと隠ぺいされた。ないといっていたはずの文書は交渉記録から決裁文書まで実在し、国会の答弁に合わない部分や安倍政権に都合の悪い部分は改竄されていた。

隠ぺい、改竄は当たり前。

都合のいいように重要書類である決裁文書すら改竄するというこの政府の所業が明らかになるも、結局誰も責任をとらずじまい。

近畿財務局の職員の方が「改竄したこと」で自ら命を絶ったことを思うと、この結果はいったいなんなのかと思う。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ