大阪の地震翌日、ワールドカップ金星。加計理事長会見の日。

サッカーワールドカップ、日本がコロンビア戦に勝利するという金星に湧いた昨日。ツイートもこのところランキング入りするのはサッカー関連の話題が多い。昨日の勝利は一筋の光のように思えた。

6月に入ってから新幹線での殺傷事件、大阪での大きな地震、昨日は静岡県で下校中の小学生が切りつけられるという事件などあまり明るい話題がない。

昨日の事件、集団下校中に小学生が18歳の少年に切り付けられたというのだから、安全なはずの集団登下校も意味をなさず、今後、子どもの安全をどう確保するかについてはアメリカのように送り迎えが必要な時期にきているのかもしれないと思った。

「日本は安全な国である」と思いこんではいけない時代になってきている様な気がする。

今日は全国的に大雨でまた梅雨前線が停滞しているというから、また災害が心配な日になりそう。

朝のツイートでは山口県の防府市の柳川が氾濫危険水位を超えているという。

山口県といえば、安倍総理、安倍総理といえば加計理事長ということで、
昨日は加計学園の加計理事長が会見したというが…なぜ昨日というタイミングでの会見だったのか?という話。

加計理事長は麻生大臣よろしくお金で解決らしい。理事長は続ける。いつの間にか責任というのは減給くらいのお金で解決するものになったらしい。武士の国であった日本の姿はもうないわ。

「加計理事長は首相に会って獣医学部のことを話したことはない」というのが本当なら、「会って首相が獣医学部はいいね」と言ったというデマを流して国から莫大な補助金を巻き上げた詐欺になるけど…。詐欺をしても減給だけですか。
本当は愛媛県の文書に記載のあるように「首相に会った」のだけど嘘をついているのなら、なぜ、嘘をつくのでしょう?

嘘、デマ、改竄、詐欺、無差別テロ。

日本はどうしちゃったのかなあ。明るい話題が欲しいわ。ホント。侍ジャパン、これからも侍であれ。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ