沖縄慰霊の日、相良倫子さんの平和の詩「生きる」に感動した。

6月23日、沖縄慰霊の日、式典で沖縄県浦添市立港川中学3年の相良倫子さんが、とても素晴らしい自作の詩を披露した。
一度も目を落とさず、まっすぐに前を向き、良く通る声で平和を訴えた。心を揺さぶられる詩。
「権力者」にも響いただろうか?「未来」は「いま」なんだ!
ツイートで載せて下さっている方がいたので紹介。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ