ポーランド戦、日本の「パス回し」「時間稼ぎ」に幻滅した。

ワールドカップ。にわかサッカー観戦者は口を出すなと言われそうだけど、昨日の日本のポーランドとの一戦にはがっかりした。

選手は監督の指示に従っただけで、あれもりっぱな戦術だという意見もあり、世界のサッカーでは普通のことだという声もあったけれど、それにしても私には納得がいかなかった。

だって、まだコロンビアが勝ったとわかっていないうちから攻撃をぱったりやめて、ボールを後ろでまわすことに徹した監督の采配は、決勝へどうやってもいきたいということなんだろうけれども、侍ジャパンと言われるサムライブルーが泣いていた。

なぜなら戦っていないから。

果敢に1点を追って、それでミスが出て負けたなら、決勝に行かなくてもいいのではないのか。素人考えではそう思うのだが…。
それは間違っているのだろうね~。決勝に出られた方がいいに決まっているから。

それはわかっているけれど、スポーツマンシップとかサッカーの世界的な技を見たいというにわかサッカー観戦者の観点から見ると、前半の良い感じをすべて後半がダメにした0点の試合だったと思う。

あのブーイングの嵐の中、ミスや反則が起こらぬよう小さなボールまわしで終始した残り10分の時間稼ぎプレーは、日本の決勝進出を心から喜べない後味の悪さを残した。

ツイートより…

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ