カジノより、イージスアショアよりエアコン!

このところの猛暑で、日本の夏は変わってしまったと肌で感じている。
昨年から中国地方では、6月に前線が停滞し、帯状に雲が連なることで豪雨が連続し、大変な災害となるし、梅雨明けとともに、40℃近い猛暑が襲っており、エアコンが寝るときも欠かせない。エアコンを一斉に使うからその熱でさらに外気温が上がって夜になってもコンクリートジャングルでは熱が一向に下がらない。

既に日本は亜熱帯になっているのではないのだろうか。

この暑さでアスファルトの街に、打ち水とかそんな場合ではないし、子どもたちが熱中症にならないようすべての学校にエアコンが絶対に必要だと思う。

2020年8月に行われる東京オリンピックなんてこんな暑さの中、スポーツさせるなんていいの?とみんなが疑問に思っている。

ほんと、北朝鮮のミサイルのために配備するイージスアショアとか不要になったんだから、2台で2000億(最低金額として)も掛けるんだったら、そのお金を使って、全国の学校にエアコンを設置してよ。
西日本の豪雨被災地の訪問先で安倍首相が「世界にばかり目を向けるのではなく、われわれにも目を向けてください。」と言われてしまっていた。
当たり前の話だ。

安倍首相の代わりにパリへ行った河野外務相は国内が大変なときに、観光気分のツイート。そのパリにとっても行きたかった安倍首相はぎりぎりまで外国行きをあきらめなかったために緊急災害対策本部の設置が遅れ、初動が66時間も遅れた。

対策本部の設置が遅れたために被災地へ自衛隊が入るのが遅れた。
初動が早ければもっと救えた命があったのではないのだろうか。
大雨で警報が出ているさなかに酒盛りをしていた自民党の危機管理力のなさ。もうひどすぎる。

ここ一年いろいろなことがあってもすべていい加減に処理してきた与党。もういい加減にしてほしい。
災害支援がとても必要ってときにどうでもいい「カジノ設置」法案審議をどうしてもやるという。
誰のためにカジノを作ろうという話をこの国会でしなければいけないの?
アメリカで約束してきたの?

昨日与党は、憲法改正案の代わりに参議院を6議席増やす法案を通してしまった。
今度は憲法改正に乗り出す予定。与党の人たちは誰のために政治をやっているのか。

常に外国か自分たちの利権か企業の方にしか向いていない安倍政権。

国民のことなどなにも考えていない人たちに政治を任せるのはもうやめよう。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ