トランプ大統領への批判が安倍首相への批判と似ている件

今日は自民党総裁選についての日刊ゲンダイの記事を読んで、なんて酷い…と思った次第。

ご自分の都合のいいように党則まで変えたり、石破氏を支持している幹部を沖縄県知事選で動けなくさせたり、という部分に驚く。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236690 日刊ゲンダイ 2018年9月2日

 

アメリカでは、ジョン・マケイン氏の葬儀が営まれたが、トランプ大統領は呼ばれなかったという。

トランプ大統領は、自分に批判的であったマケイン氏に対して、敬意をはらわず、葬儀まで反旗を掲げる慣例のところ、ホワイトハウスの反旗をすぐに戻したり子供のような態度をとっていたらしい。マケイン氏の死去についてマスコミからコメントを求められるも無視。
マケイン氏と大統領選で争ったオバマ元大統領は出席して、こんなスピーチをしたという。

今日の政治は「公の討論が狭量で卑劣でつまらないものとなり、大げさな言葉や侮辱の応酬に見える」ことがあまりにも多いと指摘し、「それは勇敢さやしたたかさを取り繕ってはいるが実際には恐怖から生まれた政治だ。ジョンはそういったものよりも大きくなることをわれわれに求めている」

ブッシュ元大統領はこんなことを…。

「おそらく、ジョンは何よりも権力の乱用を忌み嫌っていた。偏屈で威張りくさった暴君には我慢ならなかったはずだ」。

AFP通信2018年9月2日 13:14 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

http://www.afpbb.com/articles/-/3188133

 

なんかアメリカも日本と似たようなことになっているわ。

上の言葉を安倍首相へ向けてもピッタリと合うような…。体質が似ているというか…。

沖縄の翁長知事が逝去された折もコメント出さなかったし。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ