札幌市白石区小3女児行方不明事件で、27歳の男を監禁罪で起訴

今年1月末に札幌市白石区で小学3年生の女児が行方不明になり、監禁されて

いたことがわかった事件で、4月21日、札幌地検は札幌市白石区の無職、

松井 創容疑者(27)を監禁罪で起訴した。

Sponsor Link

札幌地検が松井被告を留置し、鑑定した結果、刑事責任が問えると判断した。

北海道警察は今後、未成年者誘拐容疑で追送検する予定。

起訴状によると、松井被告は1月27日、警察官を装って女児を自宅に連れ込み

2月2日まで監禁したとしている。

【ネタ元 毎日新聞4月21日(月)23時26分配信 】

 

今年1月末から2月の頭にかけて、小学3年の女児がノートを買いに日中

自宅から外出したまま行方不明になった事件で、近所に住んでいた27歳の

男の自宅から少女が無事保護されたときはホッとしたものだ。

 

子どもを持つ親として、なぜ、小学3年、とある程度大きくなり分別もあろう少女が

見知らぬ男性に声を掛けられてついて行ってしまったのかと思ったが、

どうも容疑者は、「警察官だ」と偽って声をかけたらしい。

 

「警察だ」といわれようが「緊急だ」と言われようが、どんなことがあっても

「絶対に1人でついていったらダメだよ」と子どもによく言い聞かせなければ

ならないのがイマドキの世の中なのである。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ