加計理事長はどこまでどう嘘をついたかわからなくなっていた。

10月7日、加計学園理事長が岡山理科大学の獣医学部新設(愛媛県)について、2度目の記者会見をしたという。それでも、のらりくらりで、「安倍首相と理事長が会った」と言ったのは学園の常務(当時の事務局長)の「勇み足」だったとしか言わなかったらしい。
安倍首相が「加計学園が獣医学部を特区に申請していることを知ったのは2017年1月20日だ」と言ったために、その王様の発言を嘘ではないようにするためにつじつまがあわなくなり、周りが慌てているというのが現状なのではないだろうか。

そして記者会見に行っている記者も国民もみんなそう思っているのに、首相やお友達、側近だけが、「そんなことはない」となんの反論の証拠もなしに「知らない」「会っていない」「部下がやったこと」とだけ言う。またそういう態度であるということ。

だから終わらない。加計学園問題。

どこまでどう嘘をついたのかもわからなくなってきている加計理事長↓(30分くらいからの記者の質問から…開始部分設定済み)

「私は存じ上げてない」で終わり?「当時の担当者ではない」で終わり?「3年前のことだからわからない」?

反証なしでなにもわからない。覚えてない、記録がないから会っていないと言われても…。

 

日刊ゲンダイの記事によると、加計学園の新設獣医学部(愛媛県)の図書館はガラガラで蔵書がないらしい。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238999

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ