南海トラフ震源プレートをドリルで掘削予定の「ちきゅう」が出発

みなさんのツイートを見て思い出した。私も本当に不可思議だと思ったことを…何がっていうと、「ちきゅう」がわざわざ熊野灘へ出かけて、7000メートルもドリルで海溝を掘削するという作業に出発というニュース。

2019年1月~2月に震源のプレートを掘削する予定らしい!

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3630257010102018CR0000/ 日経新聞2018/10/10 11:55

わざわざ南海トラフ地震を引き起こしに出かけるの?やめて~。いらないことしないで欲しい。

初めてプレート近くの岩石成分などを調査するって書いてあるけれど、そこまでドリルで掘削していく間に割れた岩盤によって地震が引き起こされるってことはないのだろうか?だいたいこれから地震が起こるかもという部分めがけてドリルで穴をあけて、何をしようというのだろう。そんなプレート近くの土を取ったからって地震の予知ができるわけでもなし、ただ、地震を起こしにいくためとしか考えられない。

たくさんのお金を使って何をしようとしているのか。何の意味があるんだろうと素人は考える。

名古屋はあまり地震のない場所なのだが、2年前の4月、会社のビルが珍しく揺れた時があり、そのとき「ちきゅう」が熊野灘で「仕事」しているときだったことを思い出した。

2016年4月1日の地震の位置
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2016/04/01/2016-04-01-11-39-17.html

↓のブログにある2016年3月から4月の「ちきゅう」掘削の位置は上記地震発生位置とほぼぴったりである。やっぱり「ちきゅう」が地震の原因なのでは?!

http://www.jamstec.go.jp/aplinfo/kowatch/?p=2255

2016年3月29日のツイートと2016年4月1日の日誌。

 

 

chikyu20160401

 

今回の「ちきゅう」のツイート

来年の1月~2月あたり南海トラフ地震が起きないことを祈るばかり。

みなさんの懸念。

 

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ